ヨーガとは(YOGA)

豊田市のヨガ「ととの樹」


呼吸をすること=生きること

からだが変わると、心も変わる

 樹木のように大地に根をはって・・・、天に向かって。

 

樹木と人はとても似ています。毎日呼吸もしています。

節だって傷だってあるし、種類も色も形もさまざま。

私たち人間も呼吸を通じて生かされています。

心も体もいい状態の時ばかりではないけれど、陰と陽を行ったり来たりしながら向かうべきところが存在します。

ヨーガは、生命(=生きる)を助けてくれます。

杉の樹木に囲まれた空間で、ただ自分の呼吸を感じてみてください。

「Yoga」という語は、つなぐ、結ぶの意

「勝手気ままに揺れ動く心の動きをコントロールし、より高い真我に目覚め、宇宙意識との合一をめざすことにある」 その道を歩んでいく手段が、ヨーガの三本柱(体位法、調気法、瞑想)です。 

ヨーガは、生きる上で無意識に身についてしまった心や身体の間違った生活習慣や考え方に気づき、心身共に健康なところへ戻す力になってくれます。身体・心・魂を癒し、わたしたちを守ってくれているより大いなるものへ繋がることを助けてくれます。

ヨーガの発祥はインド

『からだは神の住まう寺院である』

ヨーガの発祥地インドでは、からだを物質的に捉えず、魂や意識、神性の宿る場として捉えます。

肉体の健康を保つには・・・

精神の健康を保つには・・・

わたしたちは、なぜ生きて、どこへ向かうのか?

 

ヨーガを通じて自分の内側への旅を始めてみませんか?



ヨーガへの思い

・ヨーガは、本来インド5000年の歴史の中で現在に伝えられてきました。

現在は日本に伝わっているものの中には西洋(アメリカ)で流行った種類のものがマスコミで大きく取り上げられ流行し、この10年程でヨーガも多様化してきています。元々はインド発祥の東洋的な思想に基づくもので、科学、宗教、哲学的な要素を含み、運動や体操と質を異にするものであり、呼吸法・体位法・瞑想から成り、目指すところは瞑想による精神性の向上、自己の本質に辿り着くことを目的としています。

・ヨーガにおいてのアーサナ(体位法)は瞑想のために集中できる坐法を獲得するプロセスであり、近年世界を初め日本で流行しているヨーガは、世界的なヨーガビジネスの影響が背景にあることは否めません。スポーツ、ファッション性、健康を重視するステイタスとして人気が優先され、本来意図するものと距離があるものまで、団体や師によってかなり個性があるものといえるでしょう。

 ・そんな経緯があり現在一般的になっているヨーガは、西洋的な思想が強く、解剖学的に体位法(アーサナ、ポーズ)を極めていくことを

 重視する傾向がありますが、その先にある真理に向かうためには、今後東洋と西洋の融合が求められていくこととなるのでしょう。

豊田市でヨガをするなら~名鉄豊田線梅坪駅すぐ 「ととの樹」のヨガへ

[ 樹木に囲まれた空間  ~  豊田市のヨガ ととの樹 ]

[ 豊田市ヨガスタジオ・豊田市ヨガ教室 ]

[愛知県 名古屋市 豊田市