ととの樹代表・セラピスト(身心療法士)

杉浦 庄(Sho Sugiura)

愛知県豊田市生まれ。大学では家政学を学び服飾関係の仕事に就くが、先が見えずに退職後、24歳でヨーガと出会う。母、祖母とも看取り、その後も姉を亡くしたことから、命や生きる意味について考えるようになっていく。子どもの頃から様々な人の関係性の中で、人の内面に関心を持つ。やがてヨーガを通じて心と体のつながりを感じはじめ、身体から心へ自然に探求が始まりました。

心理の仕事に消耗し限界を感じていた頃、東日本大震災後の東北で活動されていたブライトご夫妻とのご縁があり、体から心にアプローチする心身療法「リセット®」を体感し、自分自身の在り方を取り戻せるようになりました。セラピストとしての活動と共に、場づくり、ヒト、モノ、コトをつなげていくことができたらと思っています。

 

人生には、心が壊れそうな出来事に会う時があります。ひとりでは答えが見つからない時、自分を見失いそうになった時でも・・・必ず方法はあります。苦しい時は、なかなかそうは思えませんが、わたしたちは、自分の前にある壁を越える力を持っています。

頭で考えるだけでは悩めば悩むほど、善悪、正否、戦うか逃げるかしかありません。

まずは、自分自身を大切に!「自分自身の体と心の緊張を解いて、楽にすること。整えること。

そのコツさえわかれば、また自然と自分の中からエネルギーがわいてきて、本来の自分の在り方や新しい方法みつかります。

弱ったところから、安心感につながって元氣を取り戻すところまで、真っ暗からトンネルの先に一筋の光を見つけるまでが、わたしのできることかと思ってます。 きっと数か月には、今の問題の先にいるあなたに出会えると思っています。

【心理・身体についての学び】

1989 ~ :ヨーガ講師歴30年余(現在も名古屋市天白スポーツセンター、豊田市のととの樹にてヨーガ担当)

2003 ~:コーチ養成スクールにて、2年程コーチングインストラクターとして勤める

2006 ~:NLPプラクティショナー資格取得

     ヒプノセラピスト資格取得

2014 :TRE Japan認定 TRE指導士資格取得

2016 ~:霊気(レイキ)レベル3

     予防医学療法研究会(JPMI)認定「リセット®」セラピスト資格取得、アドバイザーとして、地域にメンタルケアを広げる活動を行っている

2018~:一般社団法人 ここからだ『発達支援コーチ』の学びを始める

    :心療内科での心身療法「リセット®ワークショップ」を担当

2019 ~:名古屋市 徳クリニック「統合医療セミナー」にて心身療法 リセット®を担当

 

現在は、これまでの学びを統合してのご相談や、心身療法リセット®、ヒプノセラピー、心と体をととのえるヨーガを中心に、心身のメンテナンスについての臨床を継続中です。


【ととの樹について】

結婚後名古屋市で子育て時代を過ごし、2015年から生まれ育った豊田の地に戻ってくるご縁に恵まれ「ととの樹」という場所を与えられました。

 主には、セラピストとしての活動の場として、空いている時間を誰もが楽しむことができるシェアスペースとして提供しています。静かな住宅地の中、目の前には公園もあります。なんとなく懐かしい樹の祠のような空間へ、どうぞお気軽にお越しください。

〝ととの樹″。。。と名付けた理由

「ととの樹」??

夢の中に「トトノキ」…という音が聴こえたのが 名づけたはじまり。

その後、諏訪大社を訪れた際に大きな樹を見て、「トト=父」の「キ=樹」だと直感しました。

 

私には、子どもの頃暮らしていた庭に 心の拠り所にしていた大きな樹がありました。

その樹は、私にとっての父親のような存在で、

『いつも動かずただそこにいるだけです』

雨の日も風の日も…、夏の暑い日も、雪の降る日も…

いつも変わらずそこにいてくれる存在。

 言葉で語らず見守っている父のイメージなんです。

 

力がもらいたくて、そばに行ってしがみついて…

答が欲しくて、その樹に耳をあててみる。

子どもの頃は、うまくその声が聴き取れずに、ただ樹のそばで時間を過ごしたりしました。言葉にできないモヤモヤした毎日の中で、その安心感は、何にも優るエネルギー源でした。

いろんな出来事があった後、ある時期からその声が聴こえるようになりました。

「だいじょうぶ…、愛しているよ」

どんなことがあってもそう応えてくれます。

「ととの樹」がそんな元氣を与えられる場所でありますように。

〝ととの樹″ができるまで。。。

「ととの樹」は、大きなご縁に支えられて2015年秋にOPENしました。

想いをくんで設計をしてくださった大久手計画工房の建築家 大井幸次さん、橋元房枝さん、庭園デザイナーの糟谷護さん。

そして、夏の暑い時期に、来る日も来る日も通い続けてをご尽力くださった(有)一ツ橋建築の鈴村さんに心よりお礼申し上げます。ととの樹を大切に育てていけたらと思っています。