まだこの地が田畑ばかりだった頃、自然の中を走り回って遊んでいた幼少期。

自我が芽生えてくることになると、なんでこの家に生まれたんだろう…、人はなんのために生まれるんだろう…、なぜいろんな人がいるんだろう…、そんなことを考えていました。

「なぜ?」を探して、これまでの出会い、経験、自分の体感を通じて、心のこと、体のこと、そのつながりに関心をもってきました。

人生の後半になって、生まれ育った地に戻ってくる縁に恵まれ、「ととの樹」という場を与えられました。ととの樹は豊田市街に近い住宅地の中、樹木に囲まれた心和む空間になっていて、目の前には公園もあります。子どもさんからご年配のかたまで、どうぞお気軽にご利用ください。


杉浦 庄(Sho Sugiura)

【経歴】

愛知県豊田市生まれ。大学では家政学を学び服飾関係の仕事につくが、母親の看病のため退職を決め、24歳でヨーガと出会う。

母、祖母とも看取り、その後姉を亡くし、命や真理について考えるようになっていく。子どもの頃から人の内面に関心があり、長年のヨーガを通して心と体のつながりの深さを知り、その後 心理療法やボディワーク、エネルギーワークなどに関心を深めていくようになる。

心理セラピストとしての仕事に消耗を感じていた頃、震災後に訪れた東北で予防医学療法研究会JPMI®のブライト夫妻と出会い、体からのアプローチの重要性、即効性を確信するようになる。その後 2015年に人と人がつながる空間として生まれ育った地域に『ととの樹』を創る。

現在は、豊田市、名古屋市でヨーガやリセット®、ヒプノセラピーを中心にセラピストとして活動しながら、誰もが使ってもらえるシェアスペースを提供しています。夢は、だれもが自分のできることでつながれるコミュニティ、そして平和な社会、世界へとつなげていくことです。

【学び】

1989 : ヨーガトレーナー資格取得

2003 : コーチ養成スクールにてコーチングインストラクター資格取得

2006 : NLPプラクティショナー資格取得 / ヒプノセラピスト資格取得

2014 : TREJapan認定 TRE®指導士資格取得

2016~: レイキレベル3

      予防医学療法研究会®JPMI)認定リセット®セラピスト 資格取得


〝ととの樹″。。。と名付けた理由

「ととの樹」??

夢の中に出てきた「トトノキ」…という音が名づけたはじまり。

その後、諏訪大社を訪れた際に大きな樹があり、「トト=父」の「キ=樹」だと直感しました。

 

私には、子どもの頃暮らしていた庭に 心の拠り所にしていた大きな樹がありました。

その樹は、私にとっての父親のような存在で、

『いつも動かずただそこにいるだけです』

雨の日も風の日も…、夏の暑い日も、雪の降る日も…

いつも変わらずそこにいてくれる存在。

 言葉で語らず見守っている父のイメージなんです。

 

力がもらいたくて、そばに行ってしがみついて…

答が欲しくて、その樹に耳をあててみる。

子どもの頃は、うまくその声が聴き取れずに、ただ樹のそばで時間を過ごしたりしました。言葉にできないモヤモヤした毎日の中で、その安心感は、何にも優るエネルギー源でした。

いろんな出来事があった後、ある時期からその声が聴こえるようになりました。

「だいじょうぶ…、愛しているよ」

どんなことがあってもそう応えてくれます。

「ととの樹」がそんな元氣を与えられる場所でありますように。

〝ととの樹″ができるまで。。。

『ととの樹』は、大きなご縁に支えられて2015年秋にスタートしました。

思いをくんで造ってくださった大久手計画工房・建築家 大井幸次さん、橋本房枝さん、庭園デザイナー糟谷護さん、そして夏の暑い時期に、毎日岐阜から通い続けてくださった(有)一ツ橋建築の鈴村さんに心より感謝申し上げます。初心を忘れずに努めていけたらと願っています。