こども・ファミリーの発達プログラム

衣食住の環境の変化により、子どもたちの発達に異変がおきています。

「発達障害」という言葉により、安易に思い込み、薬を飲ませてしまったり・・・、自信を失わせてしまい、未来の可能性を狭めてしまわないために。

発達障害と一括りにしてしまうにはリスクがあります。発達過程での便利な育児グッズや身体運動、外遊びが不足している等・・・、現代の子どもたちを取り巻く環境も影響しています。

2020年より、子どもや家族の発達に関する情報提供や体づくりの環境を整えていきます。